2009年10月31日

「2009年 秋ドラマ雑感」その2 

さて、その他の秋ドラマ数点について。

ドラマじゃないが、NHKの人形劇「新・三銃士」は、だいぶ“三谷色”が濃くなってきたのと、池松壮亮の声の芝居が小慣れてきたので、個人的には視聴軌道に乗ったところ!
「ウェルかめ」の視聴率が珍しくスタート時よりも上昇しているらしい原因が、主人公演じる倉科カナの「巨乳」にあるらしいという噂はさておき、その相手役となる「山田勝之新」(大東俊介)の飄々とした雰囲気が面白くて何とかキープ。
あと朝ドラでは、半年間その舞台となる地域の方言をたっぷり楽しめるのも醍醐味のひとつ。「ウェルかめ」の阿波、続く「坂の上の雲」で松山弁、更に来年の大河で土佐弁…NHKは当座四国祭りだね。

あと1〜2回チャレンジしてみようかと思っているのが「東京DOGS」。クールなのにどこかズレてる男(小栗旬)と、熱血単細胞男(水嶋ヒロ)をコンビニして刑事モノを…という目指したい「ノリ」というか「テンション」はわからなくもないが、ただ初回を見た限りでは今ひとつチグハグ。警視庁の同僚達も然り。設定で強引に「面白い」役にしなくても、演じている役者さん達の素材だけで十分面白くなると思うけど。
「アンタッチャブル」と「おひとりさま」。初回は見たけど後はパス。「マイガール」…うーん、ドラマとは言え、ちょっと中途半端に現実味のない展開と、主人公の歯切れの悪さにイラっと来る場面が多くて少々しんどい。
「サムライ・ハイスクール」…まだ見ていません。というか、多分見ないかも(汗)

そうそう、おすすめがもうひとつあった!「秘密結社鷹の爪カウントダウン」…これは最高にシュールなフラッシュアニメ。深夜に放送中。要チェック!(むさし)

ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | その他’09秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

「2009年 秋ドラマ雑感」その1 

なんだか、今期のドラマは買い換えたHDDレコーダーの予約操作に不慣れで、初回拡大やら野球やらで延長になったお尻の部分の録画がブチッとちょん切れているパターンが多い。一番痛かったのは「不毛地帯」の初回を逃したこと。さすがに2話からでは話がわからん…(涙)

今のところ、面白がって見ている個人的・視聴優先度Aランクの作品は「JIN」と「小公女」、あ、それから「深夜食堂」も。次いでBランクは「リアル・クローズ」「ROMES」「傍聴マニア」あたり。
「リアル・クローズ」はダッサダサの百貨店販売員に香里奈を配し、その彼女が異動になった婦人服売り場で、カリスマプロデューサー(黒木瞳)やファッションエリート達(加藤夏希ら)に影響を受け、磨かれていく様を描くドラマ。何せ元がモデルスタイルの香里奈。いかにこの後、彼女が化けて美しく変身していくのかは想像に容易いが、その変身ぶりをわかっていても見てみたいのが少女漫画的な展開の魅力か。「ROMES」は木8のNHK。基本、中高生向きのラインナップの枠だが、今回は何とか大人の視聴にもギリギリ耐えそう。クールな天才エンジニア役の大倉忠義にちょい期待!「傍聴マニア」は録画ミスで初回のラストを見逃したものの、気楽に挑める枠だ。今年新たに始まった裁判員制度もあるし、こんな風にマニアックかつ楽しく法廷を開設してもらえるのも面白いかもしれない。六角精児はハマリ役。また主演の向井理、彼は一体何クール連続してドラマに出てるんだ???

という訳でここいらあたりまでは、何とか最後までチェックの予定。
(むさし)

ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

「深夜食堂」第1〜2話

深夜枠で放送の始まった、ちょっとほろ苦系のショートムービー風ドラマ。その名も「深夜食堂」。

新宿の片隅で、毎夜12時から朝方まで営業しているその店のメニューは豚汁定食のみ。とは言え、小林薫演じる店の大将は、客のリクエストには材料さえあれば柔軟に対応してくれる。年増のオカマが好んで注文する「甘い玉子焼き」、いかついヤクザ(松重豊)がつまむのは「赤いタコのウィンナー」…そしてふらりと現れた売れない演歌歌手(田畑智子)が食べたいと言った「猫まんま」。いずれも訳ありな人生を送っているようなクセのある客達の、それでもそんな素朴なものがふと食べたくなる心情をスッと読み取って、作ってくれる優しさがなかなか心憎いキャラクターだ。
できればこれは同じ深夜に、ひっそりとその時間の空気を感じながら見るのがいい。

何気なくカウンターにオダジョーが座っていたりもして、おそらく先々のエピソードで登場があるのかな?と期待しつつ、逆にホントにさりげなく座っているだけの客の役だとしたら、それはそれで贅沢な楽しみだとも思ったり…。(むさし)

ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

「ギネ」〜産婦人科の女たち〜第1話

大学病院の産婦人科病棟を舞台に、厳しく過酷な現状の中で奮闘する医師たちの医療ドラマだ。
医師としての責任や情熱はあるのに、片や同僚や後輩には無口で無愛想な柊奈智という役を藤原紀香が演じ、その彼女が指導にあたる新人産科医を上地雄輔というキャスト。他は松下由樹や板谷由夏、内田有紀、本仮屋ユイカ、近藤芳正、中村橋之助、國村隼ら。

1クールに1本は入る医療ドラマだけに、目新しさはないものの、幸せに生まれてくる命、失う命、望まれない命など、医療ドラマには当然の「命」というテーマを産科という目線で描きながら、一方、医師や設備不足で患者の受け入れが十分にできない医療現場の現実をしっかりと伝えるドラマになるといいと思う。(むさし)

ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

「新・三銃士」

お、なんか懐かしいものをやっている!…と、思わずチャンネルを停めて見てしまったNHKの人形劇「新・三銃士」。この「新・三銃士」自体は再放送でもなんでもなく、10月からスタートの新番組だ。人形劇というスタイルが懐かしいわけで、なんと14年ぶりの復活ということに少々驚いた。しかも脚色が三谷幸喜である。キャラクターデザインにも井上文太等々気合の程が分かるメンバー。個人的にもっとも注目したのがキャストで、西田敏行、戸田恵子、山寺宏一、貫地谷しほりなど豪華メンバーを脇に従えつつの主役のダルタニアンは池松壮亮ぴかぴか(新しい)
こういう「人形劇」の独特のテンポ、雰囲気が果たして現代の子供達に受け入れられるのかどうかは、さておき、かつてこの人形劇に夢中になった大人の方、しばし夕方の手を休めてご覧になってみてはいかが?(むさし)

ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

「ウェルかめ」第1〜2週

今度の朝ドラの舞台は四国・徳島。ヒロインは小さなお遍路宿を営む浜本家の長女・波美(なみ・倉科カナ)。子供の頃から憧れていた大手ファッション雑誌の編集者になるという夢をかなえるべく上京、見習いとして入社したものの、いよいよ本契約というところまでこぎつけたその直後、雑誌が廃刊となり、解雇になってしまう。徳島に戻ってやっと見つけた仕事も出版社とはいえ、自分の夢とは程遠い現実。さて、ヒロインは…という、プロローグを経てやっと本編に差し掛かり出した「ウェルかめ」。面白くなるかどうかは、もちろん今後の脚本次第だろうが、今のところ可もなく不可もなく。
事実、多部未華子(…いつもながらに一発で変換しない名前だなぁ…)から倉科カナへ朝のヒロインがバトンタッチして早くも2週間が経ったが、「つばさ」の平均視聴率がどうだったとか、「ウェルかめ」の初回の数字は歴代のワーストいくつだとか…エンタメ系のニュースで少々数字が取り扱われた以外は、取り立てて注目されるようなネタもなく、いつのまにか放送がスタートしていた…というような印象の薄さは否めない。例えば「つばさ」が批判を受けつつ挑戦したような枠・概念を越える試みも今のところ無い。良くも悪くも「朝ドラスタンダード」という感じだろうか。

もっとも石黒賢の脳天気な父親役もハマッているし、室井滋の編集長役もさすが、という存在感。共演者とのチームワークの良さで、展開が波に乗ってくれば…或いは、とも期待している。(むさし)

出演:倉科カナ、石黒賢、羽田美智子、芦屋小雁、室井滋、温水洋一 他 語り:桂三枝

ブログパーツ
posted by むさし at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする