2009年07月04日

春ドラマ最終回感想 その3(む)

こちらも最終回を迎えました。

【婚カツ!】
「婚カツ」という流行のワードを織り交ぜつつ、地域の活性化や友情、恋愛、人情などを主軸に展開。月9のイメージも今となっては人それぞれだろうが、かつての華々しさが記憶にこびりつく私から見ると、随分「地味」になったものだなぁ…と。主演の中居正広や上戸彩など芝居上では不足はないのに、今ひとつ彼らの良さを活かせていない、言い換えればこの二人じゃなくてもいい話になってしまっていたという感じがした。クールなキレモノ、伊藤勝(北村有起哉)が最後の最後で…あら、そういう趣向だったの??となったのは意外。邦之(中居)を見つめる乙女な瞳が気持ち悪いくらい可愛かった(笑)

【ぼくの妹】こちらの期待や予想がそもそもズレていたのか?結局、何を描きたかったのか最後までよくわからなかった。スタート時は桐原里子(ともさかりえ)や九鬼研次(千原ジュニア)らをミステリアスに登場させ、サスペンス色の濃厚な作品だと思わせておきながら、途中からは颯(長澤まさみ)と九鬼の恋愛、それに振り回される兄・江上盟(オダギリジョー)、地域医療、大学病院の娘との将来云々…と、とっちらかった印象。オダギリジョーと長澤まさみなら、「奔放な妹に振り回される兄」という構図だけでも十分に見せられるキャスティングだったろうに、と思った。

【必殺仕事人2009】
2クール分の放送とあって、さすがに耳慣れたエンディングテーマがしばらく聴けないのかと思うと寂しい。現代に起こる様々な事件や現象を、江戸の町に置き換えたストーリー、それによって怒りや恨みのポイントを分かりやすくし、仕事人への共感を誘う手法は最終回まで徹底されよかった。またメインキャストの魅力は無論のこと、毎回登場する豪華な切られ役も楽しみで娯楽作品としてのクオリティが非常に高いドラマだったと感じている。「必殺仕事人」の顔、中村主水(藤田まこと)も、東山紀之演じる渡辺小五朗のキャラクターが出来上がっていく中で、未来のシリーズを安心して託す事ができると思ったのではないだろうか。いずれにせよ、次のシリーズ再開が楽しみなドラマだ。
(むさし)

ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

春ドラマ最終回感想 その2(む)

つづいて火曜日枠2本のドラマ最終回を見て…の感想です。

【アタシんちの男子】
父親の作った借金1億円の肩代わりを条件に、おもちゃ会社・ミラクルの社長・大蔵新造(草刈正雄)の妻になった主人公・千里(堀北真希)。まもなく病死した新造に残された6人の養子達との共同生活の中で巻き起こるハプニングや出来事を通して芽生える家族の絆を描いたハートフルコメディ…だったが、登場人物が多かったせいか、笑いや感動も分散されがちで物語に奥行きや厚みは感じられなかった。まぁ、6人の王子様と、ど根性ヒロインによるおとぎ話だと思えば、学芸会のようなセットも、無茶苦茶なストーリー設定も、見る人によっては許容範囲なのだろうけど。唯一、回を重ねるごとに、その「切れっぷり」が上がる山本耕史のコメディセンスとプロ意識は凄かった…。

【白い春】
刑務所から出所してきた佐倉春男(阿部寛)が、偶然、実の娘・サチ(大橋のぞみ)と出会う。実の父親だとは名のれないまま、けれど、近くで過ごすうちに徐々に心が解けていく様子を阿部が自身の強面を活かしつつ(?)好演していた。それ故に、育ての父親(遠藤憲一)と、実の娘との三角親子関係の行く末が大いに気になるところだったが、最終回では、突然のハプニング(かつての暴力団時代の恨みを買って刺される)に春男が命を落とす展開となってしまったのが安易に見えて残念。私は、いずれかが「いなくなる」事で収めるよりも、3人がその後もそれぞれの立場で彼らにしかできない「親子関係」を築いていくという話が見てみたかった。
(むさし)

ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

春ドラマ最終回感想 その1(む)

とりあえず最後まで見たのでプチ感想。

【ザ・クイズショウ】
本間(横山裕)と神山(櫻井翔)の迫力ある掛け合いは凄かった〜。相手を追い詰めようという気持ちではなく、ひとつしかない真実を追究する信念というか、平たく言えば友情といいますか…とにかく神山の思いが伝わる熱い最終回だったとは思った。ただね、リアルに考えるとね…あれを生放送で流しているという設定上の状況は…あまりにも無茶だろう、と苦笑。
個人的には深夜枠の「片桐仁」版からのシフトが結局できなかった感じ。それゆえにラストでチラッと登場したのはおおっ!と驚いたけど。

【東のエデン】
全11話とアニメにしては短編ながら、散りばめた謎を、うまく収拾したと思う。最初の3〜4話目くらいまでは、ちょっとかったるさもあったが、後半はテンポも上がり、面白くなっていった。100億円のチャージされたノブレス携帯、ジュイスと呼ばれる電脳秘書、他のセレソンが起こした行動履歴を探り合い、選ばれたセレソン達がそれぞれに考える「世界の救済」を実行するという話。DVD等でまとめて見る機会があれば是非どうぞ。おすすめ。

【名探偵の掟】
最終回まで見たものの、正直、笑える話はなかったなぁ…。松田翔太、香椎由宇、木村祐一の3人のコンビネーションがイマイチしっくりと来ないまま最終回を迎えた感じ。この枠のドラマは、中には徐々に味が出てくる作品も過去にはあったので、それを期待したんだけど…残念賞でした、私的に。(むさし)

ブログパーツ
posted by むさし at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

「ゴッドハンド輝」最終回

クライマックスはマイケル富岡演じるケビンが経営する超拝金主義なセレブ病院VS輝たちの勤める安田記念病院という構図での戦いとなるものの、正義は勝つという按配で決着がつき一件落着。
全6話という短い回数で終わったこともあり、気づいたら全部見てしまったが…結局「真東輝」(平岡祐太)は何者だったんだという疑問は未解決のまま。死なせたくない!と強く願うと事故で死んだ父親の驚異的なパワーが降臨してきて超天才外科医に変身することに関して、特に最後まで説明がなかったが、そこはツッコミを入れてはいけない所だったのか?その他、各所にご都合主義が満載だったのも、放送回数が少ないが故の妥協だったのだろうか。渡部篤郎や別所哲也、水川あさみなど魅力的な役者を揃えたのにキャラクターの掘り下げも浅く、もったいないなぁと感じた作品だった。
まさか来週からの「MR.BRAIN」が始まるまでの“つなぎ”だった、ってことは…ないと思いたいが(むさし)

公式サイト

ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

「魔女裁判」第1〜3話

裁判官制度をメインにしたドラマだと思っていたが、どうやら要素はそれだけではないようだ。

登場人物たちのキャラは割りとありきたりに作ってあるが、彼らを裏で監視する”観察者”の存在は気になるところだ。
その観察者のシーンの演出はクドいと思うが、全体的には工夫が多く見られる演出なので、そこは評価できるだろう。
裁判がどう進んでいくのかや登場人物たちの関係性も見所だが、心理ドラマとしても楽しめるかもしれない。

アトラクション的なスリリングに見せる展開だけでなく、深く考えさせられるようなストーリーが見たい。
(緋炎)
ブログパーツ
posted by 緋炎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

2009春ドラマ雑感−その4(土曜、その他)

最後は土曜、およびその他放送枠分を。

★★★(星3つ)で「最後まで見る予定」
★★(星2つ)が「とりあえず、あと2〜3回見てみようかな」
★(星1つ)は「う〜ん、次回への興味が湧かない」

【ゴッドハンド輝】 ★
平岡祐太演じる真東輝は外科医。日頃はどちらかといえばドジをやらかして周囲をヒヤヒヤさせるようなキャラクターだが、危機的な状態に置かれた患者を前にして「絶対に死なせたくない!」と強く念じると、死んだ天才外科医だった父親(寺脇康文)のDNAか、魂か、はたまた憑依か…何だかよくわからないが、いきなり手術着がはだけ、胸の大きな手形(←死んだ父親が事故で心配停止した輝を蘇生させた時についたものらしいが…)の痣がバーンと露になり、天才的な手技を始める、という一種のヒーローモノ、と解釈したが…違うのだろうか(汗) 変身シーンはウルトラマンかキューティーハニーかってな感じだし。ツッコミどころ満載。ストーリーはメリハリがあって面白いんだけどね。

【ザ・クイズショウ】 ★★
初めてこのドラマを見たとしたら絶賛したと思う。キャストも魅力的だし、なにより企画が面白い。が、幸か不幸か、かつての「片桐仁」の深夜バージョンを見てしまっている。彼のあまりにもクセの強い芝居が脳裏にこびりついていて、爽やかな印象の強い櫻井翔が同じ役を演じていることに、見ている自分の気持ちがまだシフトできていない感じだ。ただ深夜枠と異なり、1回の放送時間が長い分、副調整室での攻防なども含めて、今後の広がり方には期待が持てそう。しかし…第1回のゲストの曲「恥部、恥部、CHIBU、CHIBU…♪」…あれは、参ったね(笑)

【つばさ】 ★★★
NHKの朝ドラ。梅雀お父ちゃんが、もう可愛いくて、可愛くて(笑) 前述「スマイル」脚本の宅間孝行も役者として出演中。川越行きたーい。甘玉食べたーい。

以上、「魔女裁判」とか「陽炎の辻」「空飛ぶタイヤ」などなど…まだチェックできてないドラマもいくつかあるけれど、とりあえず今期はこんな感じ。あ、なんか「夫婦道」は面白そうですね。「臨場」と被ったので録画してなかったけど、一回見てみようかとも思っています。 以上!(むさし)


ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

2009春ドラマ雑感−その3(木曜〜金曜日)

お次は木曜〜金曜放送枠分を。

★★★(星3つ)で「最後まで見る予定」
★★(星2つ)が「とりあえず、あと2〜3回見てみようかな」
★(星1つ)は「う〜ん、次回への興味が湧かない」

【ゴーストフレンズ】 ★
交通事故がきっかけで、突然「ゴースト」が見えるようになってしまった女子高生・明日香(福田沙紀)と、人間に憑することを繰り返して楽しんでいる美空〈入山法子〉をゴーストの世界に呼び戻す使命を持つカイト(西島隆弘)で、様々な騒動に奮闘するドラマ。ゴーストといっても「恐怖」とは無縁のライトなジュブナイル系。細かい所をつっついたらキリがないほど設定も練りも浅くて、あくまでお子様向けの作り。快活は福田沙紀ちゃんを見たいファンはどうぞ!

【夜光の階段】 ★
松本清張原作、藤木直人主演のヒューマンサスペンス。貧しい境遇から美容師の世界でのし上がっていく男の野望や、そこに群がる女達との愛憎を描くドラマだ。個人の嗜好という点で言えば、あんまり好みではなかった。小説で読んだ方がいいかもしれない。「道夫は〜だった。」という感じで執拗に挿入されるナレーションがちょっと鬱陶しい。

【BOSS】 ★★★
コミカルな所も、ビシッと決める所もどちらもセンスよく演じる天海祐希が実にカッコいい。彼女のキャラクターが存分に発揮されている役柄だ。部下となる共演者達も個性的だが、それぞれにつぶしあうことなくバランスよくまとまっていると思う。
第1話 
第2話 

【必殺仕事人2009】 ★★★
前クールに引き続き、楽しみにしてるドラマの筆頭。期待度MAXで臨む所存。形式美を守り抜く一方で深みを増す脚本にも期待度増。

【スマイル】 ★★★
脚本の宅間孝行が好きなので期待を込めて。ちなみに宅間と「サタケミキオ」という脚本家は同一人物。このドラマから本名に統一したらしい。初回はこれから展開される重い内容に向けての、ほんのプロローグだったが、ビト(松本潤)や三島花(新垣結衣)の「笑顔」をしっかりと印象付けながら、タイトルの持つ意味に漠然とした期待を抱かせる出来だった。

【名探偵の掟】 ★★
細マッチョ・松田翔太が頭脳明晰な名探偵に、キム兄はその名探偵を補佐するおとぼけ警部として事件を解決するドラマ。「推理小説」のセオリーをこきおろすパロディ的な展開が売りのようだが、どうも全体的に「ノリきっていない」感じがする。「キミ、犯人じゃないよね?」の時のように、徐々にスタイルが出来上がってくることを期待して星2つ。(むさし)

ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

2009春ドラマ雑感−その2(火曜〜水曜日)

引き続き火曜〜水曜放送枠分を。

★★★(星3つ)で「最後まで見る予定」
★★(星2つ)が「とりあえず、あと2〜3回見てみようかな」
★(星1つ)は「う〜ん、次回への興味が湧かない」

【アタシんちの男子】 ★
境遇の恵まれないお姫様、それを取り囲むイケメン王子達(もしくはその逆パターン)、謎のお金持ち、城をイメージする住まい…といったアイテムを組み合わせ作るラブコメ枠として定着しているフジ火9。そういうものだと割り切れれば楽しめるのかもしれない。主人公・千里(堀北真希)をはじめ、6人の養子達にも色々と明らかにされていない事情が用意されている気配だが…そこに奥行きを求めるのは、ちょっと酷だろうか。

【白い春】 ★★
大橋・ぽにょ・のぞみとの対比で余計にそう見えるんだろうけど、阿部寛、顔、恐すぎ。異色の組み合わせとはまさにこの二人(笑) パン屋サイド〈遠藤憲一、大橋のぞみ、白石美帆〉と佐倉春男(阿部寛)の関係性の変化と、それにフリーターの吉高由里子が今後どんなふうに絡んでくるのかによっては面白くなるかもしれない。

【アイシテル〜海容〜】 ★★★
重いテーマに対する作り手の真摯な姿勢に期待。難役に挑む子役の嘉数一星(野口智也役・流星の絆で泰輔の子供時代を演じた子)にも注目!できるだけレビューは書いていく予定。
第1話感想 
第2話感想

【臨場】 ★★
事件現場に残った物証から事件の筋立てを読む検視官・倉石を内野聖陽が演じる。ストーリーは極めて堅実だけど、緋炎さんも描いている通り、私もちょっと「ゴンゾウ」とキャラがかぶっているのが気になる。(むさし)

ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

2009春ドラマ雑感−その1(日曜〜月曜)

とりあえず、色々見てみたのでざっくりと初回の印象を。ついでに2回目以降の放送を見続けるかどうかの個人的な判定を★で表してみました。
★★★(星3つ)で「最後まで見る予定」
★★(星2つ)が「とりあえず、あと2〜3回見てみようかな」
★(星1つ)は「う〜ん、次回への興味が湧かない」

【ぼくの妹】 ★★
何はさておき、オダジョーがテレビドラマでフツーの役を演じている事が一番新鮮に映った。
里子(ともさかりえ)との関係は何だか唐突過ぎておいおいおい…と思ったら、ほら、云わんこっちゃない!という流れに。挙句、盟(オダギリ)から金を借りようとした理由が嘘だとバレて、いきなりビルから飛び降りてしまう極端な展開にはびっくり。これが原因で、里子の恋人だったらしい男(千原ジュニア)が盟に執拗に絡んでくるわけか?思ったよりもシリアスな話になりそう。

【ハンチョウ〜神南署安積班〜】 ★
佐々木蔵之介主演による刑事ドラマ。月8枠の視聴者層をかなり意識してか、数ある刑事〈警察〉ものでもかなり「人情系」だ。これはこれでいいのだろうとは思うが…是が非でも見なければ!と意気込むほどではなかった。安積剛志(佐々木)の穏やかで冷静な人柄は理像的な上司像だ。が、主人公としてはちょっと大人し過ぎないか?

【婚カツ!】 
中居正広&上戸彩が出演の月9のテーマは結婚。トンカツ屋の息子・雨宮邦之(中居)が、就職の為にふと吐いてしまった嘘が元で、「婚活」を余儀なくされるところから始まる第一話は、まずは登場人物の紹介から、といった内容だった。婚活という今時のキーワードを掲げてはいるものの、基本的には下町商店街で繰り広げられる友情や恋愛、人情を描くようだ。月9という枠のイメージからすると、かなり地味。あ、地味といえば…いつになく地味な印象で登場した谷原章介の役が今後化けるのか〈化けないのか〉ちょっと気にはなった。それ以外での引っかかりはあまりなかったかなぁ。(むさし)

ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

「婚カツ!」第1話

ニュースでも多く取り上げられている婚活をテーマにしたドラマ、「婚カツ!」がスタートした。

キャスティングはいいと思うが、あまりにも無難な作りだった。
話題の婚活を題材にしたところまではいいが、雨宮(中居正広)が婚活を始めるに至る経緯など、その展開には新鮮味がなく脚本は面白味に欠けている。
決してつまらない訳ではないが、演出も「BOSS」などに比べると平凡で、雲泥の差があるということは明らかではないか。
月9だからこそ、ただ好感度の高い俳優を出しておけばいいのではないと言いたい。
(緋炎)
ブログパーツ
posted by 緋炎 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

「イケ麺そば屋探偵」第1・2話

「ホレゆけスタア☆大作戦」という、過去の番組のキャスト・スタッフが再び集まって作られた、「イケ麺そば屋探偵」が現在放送中。

正直、脚本は面白いとは言えないが、キャスト陣の演技が面白い。
演出より、役者たちの芸を楽しむべき番組かもしれない。
個性的なゲストも毎エピソード登場する。
コメディが好きな方・出演者のファンの方におすすめするドラマだ。
(緋炎)
ブログパーツ
posted by 緋炎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする