2009年05月04日

「名探偵の掟」第1話

ドラマ化するには難しい原作を選んでしまったのでは…?
内容的にも映像的にも、イマイチ原作の面白さが伝わってこなかった。
東野圭吾原作にしては明るく少しゆるめだし、キャストもそこそこはまっているとは思うのだが、演出の問題か。
テーマがテーマだから仕方がないが、内容も薄かった。

漫画・小説の映像化は本当に多く、例えば伊坂幸太郎なんかの本は続々と映画化されている。
「アヒルと鴨のコインロッカー」などのように面白ければいいのだが、今回の「名探偵の掟」には少しがっかりしてしまった。
映像に向いている作品を選ぶことくらいできるだろうに…
映像界の作品のクオリティの低下を危惧せずにはいられない。
(緋炎)
ブログパーツ
posted by 緋炎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名探偵の掟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする