2008年04月29日

「ごくせん」第2話

金子賢って俳優辞めて格闘家になったんじゃなかったっけ?というツッコミをついしてしまった第2話(笑)。
格闘家は2年間という期間限定だったんですね〜。知らなかったよ!

ちなみに幕末スキーとしては、新選組一番組隊長・沖田総司が最期を迎えた四ツ谷の植木屋平五郎さんご子孫が江波杏子理事長というのが気になります(笑)。
あ、これ史実ですよ。ご本人が仰っていますので。

「運命の人ぴかぴか(新しい)」っていい響きですね〜♪
運命の人が孝太郎クンなら最高ですよっ!
…孝太郎クンの出番はホンの一瞬でしたけど(苦笑)。

クマのエピソードは良かったなー!
前回を観ていた視聴者へのサプライズプレゼントでしたね☆
粋な計らいをしてくれるじゃねぇか(笑)>日テレ。

一番になること、あらゆるものに順番をつけることというのは現代教育の弊害そのものでしょうね。
全てを点数で表すことなどできないのに、それを無理矢理やろうとするからコンプレックスや落ちこぼれ、勝ち負けがより悪い方向に顕在化するんですよね。
点数でしか落とせない受験システムそのものに問題があるんだろうけれど…。

可愛かったのが、ヤンクミに「お前ら、よくやったな!」と褒められた6人がぎこちなかったこと!
けなされたり怒られたりすることに慣れきっている彼らは、褒められたらどう対処したらいいのかきっと分からないんだろうなー。
これからは少しずつでも褒められるように、彼らが変わっていったらいいなぁ。。。(鹿の使番)

ブログパーツ
posted by 鹿の使番 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ごくせん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

「ごくせん」第2話 〜3-D生徒について考える〜

第2話もすっかり堪能してしまった「ごくせん」。
予定調和の罠と知りつつも、面白いものは面白いのだから仕方ないのだ(と開き直る)。
ストーリーが云々、ツッコミどころが云々、と述べるのも野暮なドラマなので、今回はスタンスを変えて、3ーD生徒について考えてみることにする。

第1、第2シリーズの3−D生徒は既にある程度の知名度があった役者を多く起用していたと思う。今シリーズで、私が知っていたのは三浦春馬だけだった。もう一人の3ーDのメインキャストである高木雄也は名も顔も知らなかった。そんな状態の新3−Dで大丈夫か?などと少し不安だったが、第2話を観て、それは杞憂だったと実感した。

続きを読む
posted by 仲村英一郎 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ごくせん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

「ごくせん」第1話

観ようかどうしようか迷っていたにもかかわらず、結局観てしまった「ごくせん」。
そして予想に違わず、やはり非常に面白かった「ごくせん」。
日テレの力の入れっぷりが見えますね(笑)。

もうね〜、とにかく生瀬勝久さんが相変わらずいい味出してるの!(笑)
何をやらせても上手いし、安心して観ていられます♪
そしてヤンクミ…仲間由紀恵ちゃんのハジケっぷりも相変わらずスカッとします。
啖呵を切るところなんて、もう最高〜!!!
展開は分かっているんだけど、それでも病みつきになってしまう不思議なドラマですよね。
初回は約1時間30分でしたが、長さを全く感じさせず中だるみもなく、引き付けられました。
ちょこちょこと入る小ネタや笑いも変わらず満載だし、とにかく観ていて楽しい。

生徒陣は…第1弾の小栗旬クン、第2弾の小池徹平クンに続く第3弾の逸材発掘〜♪と個人的に期待していましたが、さすがに今回は低年齢化しすぎてガキんちょにしかみえない(コラコラ)。
その代わり、前回谷原章介さんが担当した王子様キャラ(爆笑)が、今回は小泉孝太郎クンに!!
むきゃーーーっ、す て き…ハートたち(複数ハート)
生徒がガキばっかなので孝太郎クンが余計に映えるわー♪♪♪
さすが「ごくせん」だけあって、星キラキラ〜ぴかぴか(新しい)の少女漫画ちっくに登場してくれたし(笑)、孝太郎クン目当てに観続けよっかな〜☆

ま、生徒陣の中から“数年後の大物”が登場するかどうかは今後のストーリー展開に任せるとして、忘れてはならないのが女優陣。
今回はほしのあき…じゃなかった星野亜希ちゃんと平山あやちゃん。
ワタシ的にもほしのあきちゃん好きー!!
仲間ちゃん以外にもこの2人が揃っているのならば、男性諸君の視聴率ゲットも間違いなし!でしょう。
今クール最大の対抗馬だったキムタク首相がスタート未定という想定外の展開だけに、日テレはウハウハ状態だろうな〜(笑)。

てなわけで、出演陣もさることながら第3弾とは思えない秀逸なストーリー展開で視聴者を飽きさせない手腕は素晴らしい!
今クールは「ごくせん」の独り勝ちになりそうな予感が既にしていますが、さてどうなることやら。。。 (鹿の使番)

ブログパーツ
posted by 鹿の使番 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ごくせん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

「ごくせん」第1話

前シリーズから3年ぶりとなる「ごくせん」。昨日から第3シリーズが放送開始した。主演の仲間由紀恵はもちろんのこと、大江戸一家の面々、猿渡教頭(生瀬勝久)など、お馴染みのメンバーで復活だ。もちろん生徒たちは総入れ替え。今シリーズでキーとなる生徒は、Hey! Say! JUMPの高木雄也、「恋空」の三浦春馬らとなりそう。

さて、第一話目の感想だが・・・。

前のシリーズから3年経っているとは全く思えないほど、テイストが変わっていない。主要スタッフの、脚本(江頭美智留)・音楽(大島ミチル)・演出(佐藤東弥)が同じであるから当たり前といえば当たり前なのだが、それでもこの変わり映えの無さは信じられない。仲間と生瀬のかけ合い、大江戸一家での会話もそのままだ。前作から間を空けずに製作されたような錯覚さえ感じる。

続きを読む
posted by 仲村英一郎 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ごくせん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする