2008年05月03日

「おせん」第2話

相変わらずゆったりとした時間が流れるドラマに仕上がっている。
個人的に蒼井優が好きなので、彼女の演技が毎週見られるのは贅沢なのだが…。

岡田義徳のエピソードは無理矢理入れた感が拭えず、江崎ヨシ夫(内博貴)がおせん(蒼井優)の言葉に感化されるという展開は前回と同じだ。
いまいち各キャラクターの個性も出し切れていない気がして、満足できない。

「大食い」や「メガ〜」が話題になっている今、食べる人の気持ちを考えて料理を作るおせんの姿を描くのはいいが、物足りない。
視聴者たちはこういうドラマを求めているのか?ということを考えるべきだと思う。
(緋炎)

ブログパーツ
posted by 緋炎 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | おせん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

「おせん」#1

蒼井優が初主演したドラマの第1話が放送された。

老舗料亭を舞台にした食のドラマで、人情やスローフードにも言及している。
艶やかな着物姿を披露している蒼井優の演技力は流石で、文句のつけどころがない。
ただ、キャスト・コンセプトが全体的に地味であり、高視聴率を取るのは難しいだろう。
ベテラン俳優も多く出演しているが、ストーリーが単純すぎてひねりがないのが残念だ。

和を感じさせるセットや着物が雰囲気を良くしているが、パンチが足りないドラマだった。
毎回ゲストが登場するようなので、そこに注目したい。(ちなみに1話は片桐はいり、2話は岡田義徳。)
(緋炎)

ブログパーツ
posted by 緋炎 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | おせん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする