2009年10月30日

「2009年 秋ドラマ雑感」その1 

なんだか、今期のドラマは買い換えたHDDレコーダーの予約操作に不慣れで、初回拡大やら野球やらで延長になったお尻の部分の録画がブチッとちょん切れているパターンが多い。一番痛かったのは「不毛地帯」の初回を逃したこと。さすがに2話からでは話がわからん…(涙)

今のところ、面白がって見ている個人的・視聴優先度Aランクの作品は「JIN」と「小公女」、あ、それから「深夜食堂」も。次いでBランクは「リアル・クローズ」「ROMES」「傍聴マニア」あたり。
「リアル・クローズ」はダッサダサの百貨店販売員に香里奈を配し、その彼女が異動になった婦人服売り場で、カリスマプロデューサー(黒木瞳)やファッションエリート達(加藤夏希ら)に影響を受け、磨かれていく様を描くドラマ。何せ元がモデルスタイルの香里奈。いかにこの後、彼女が化けて美しく変身していくのかは想像に容易いが、その変身ぶりをわかっていても見てみたいのが少女漫画的な展開の魅力か。「ROMES」は木8のNHK。基本、中高生向きのラインナップの枠だが、今回は何とか大人の視聴にもギリギリ耐えそう。クールな天才エンジニア役の大倉忠義にちょい期待!「傍聴マニア」は録画ミスで初回のラストを見逃したものの、気楽に挑める枠だ。今年新たに始まった裁判員制度もあるし、こんな風にマニアックかつ楽しく法廷を開設してもらえるのも面白いかもしれない。六角精児はハマリ役。また主演の向井理、彼は一体何クール連続してドラマに出てるんだ???

という訳でここいらあたりまでは、何とか最後までチェックの予定。
(むさし)

ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック