2009年10月29日

「深夜食堂」第1〜2話

深夜枠で放送の始まった、ちょっとほろ苦系のショートムービー風ドラマ。その名も「深夜食堂」。

新宿の片隅で、毎夜12時から朝方まで営業しているその店のメニューは豚汁定食のみ。とは言え、小林薫演じる店の大将は、客のリクエストには材料さえあれば柔軟に対応してくれる。年増のオカマが好んで注文する「甘い玉子焼き」、いかついヤクザ(松重豊)がつまむのは「赤いタコのウィンナー」…そしてふらりと現れた売れない演歌歌手(田畑智子)が食べたいと言った「猫まんま」。いずれも訳ありな人生を送っているようなクセのある客達の、それでもそんな素朴なものがふと食べたくなる心情をスッと読み取って、作ってくれる優しさがなかなか心憎いキャラクターだ。
できればこれは同じ深夜に、ひっそりとその時間の空気を感じながら見るのがいい。

何気なくカウンターにオダジョーが座っていたりもして、おそらく先々のエピソードで登場があるのかな?と期待しつつ、逆にホントにさりげなく座っているだけの客の役だとしたら、それはそれで贅沢な楽しみだとも思ったり…。(むさし)

ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131265145
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック