2009年10月21日

「ギネ」〜産婦人科の女たち〜第1話

大学病院の産婦人科病棟を舞台に、厳しく過酷な現状の中で奮闘する医師たちの医療ドラマだ。
医師としての責任や情熱はあるのに、片や同僚や後輩には無口で無愛想な柊奈智という役を藤原紀香が演じ、その彼女が指導にあたる新人産科医を上地雄輔というキャスト。他は松下由樹や板谷由夏、内田有紀、本仮屋ユイカ、近藤芳正、中村橋之助、國村隼ら。

1クールに1本は入る医療ドラマだけに、目新しさはないものの、幸せに生まれてくる命、失う命、望まれない命など、医療ドラマには当然の「命」というテーマを産科という目線で描きながら、一方、医師や設備不足で患者の受け入れが十分にできない医療現場の現実をしっかりと伝えるドラマになるといいと思う。(むさし)

ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他’09秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130616626
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック