2009年09月10日

フジテレビ開局50周年企画『わが家の歴史』

柴咲コウ主演で超豪華キャスト集結!三谷脚本のSPドラマで“昭和”描く

フジテレビが9日、開局50周年企画のトリを飾るスペシャルドラマ『わが家の歴史』を、2010年春に3夜連続で放送することを発表した。脚本は三谷幸喜が手掛け、キャストには、主演の柴咲コウを筆頭に、佐藤浩市、松本潤、佐藤隆太、堀北真希、榮倉奈々、長澤まさみ、大泉洋、天海祐希、富司純子、西田敏行、というゴールデンタイムの連ドラ主役級が一堂に会し、大家族を演じる。初の三谷作品となる柴咲は「三谷さんの作品は常に濃い。ウハウハせずに、良い意味で作品に飲まれ乗っかることができたらいいと思っています」と気合十分だ。
 同作は構想4年、放送まで足かけ5年というフジテレビが総力を挙げて制作する史上最強のスペシャルドラマ。テーマは、ズバリ「家族」。昭和2年から昭和39年までの激動の時代を、底抜けの明るさとバイタリティで生き抜いたある家族の物語を笑いと感動を満載で描く。脚本を執筆した三谷は「家族ドラマも昭和の戦後史も初めてのテーマだったので、書くのにとても骨が折れましたが、テレビドラマの要素のすべてを詰め込んでみました。まさに50周年にふさわしいドラマになったと自負しています」と確かな手ごたえを感じている様子。
 同作の軸となる八女(やめ)一家は、両親役を西田と富司が務め、その娘と息子役に柴咲、松本、佐藤、堀北、榮倉という、まさに“最強家族”。そんな八女家の目線から、第二次世界大戦、安保闘争、東京オリンピックなど、実際に起きた昭和史を代表する歴史的な出来事・事件を振り返る。
 さらに同作には、吉田茂、美空ひばり、手塚治虫、力道山など、昭和を駆け抜けた実在の“時代の寵児”たちが20人以上登場。この著名人たちを演じるゲスト陣も驚きの豪華キャストを準備中だという。撮影は本日10日よりスタートし、12月までの約3か月をかけて収録。昭和の風景を求め、上海をはじめ、九州ほか国内各地でもロケを行っていく。
(Yahoo!ニュースより引用)

家族揃って見られるドラマになりそうだ。
どのように仕上がるのか楽しみ。

ちなみに、10月より放送予定の連続ドラマ「不毛地帯」も開局50周年企画である。
(緋炎)
ブログパーツ
posted by 緋炎 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | From TV Watchers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127720984
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック