2009年03月26日

「メイちゃんの執事」

そもそも「イケメン」という言葉に関心がない。ハッキリ言って苦手。そんな男子に傅かれたいとも思わない…という極めて個人的な嗜好の相違から、今期まったくノーマークだったこのドラマ。
ところがところが、当ブログのサイドバーにある冬ドラマ人気投票の途中結果を見てびっくり!集中投票でもあったのかと思うような、得票数の異常な伸びにより、ただいまダントツの1位である。最終回の視聴率が16.6%(くらい?)だった事を踏まえると、単純に自分を含めた身近なところでの視聴率が取れていなかっただけで、全国的には相当人気があったりして?そんなに面白かったというわけか???

と言う訳で、本当に面白かったのなら、それを見逃してしまうのは悔しいし、まったく見ていないのに批判をするのも筋違いかとも思い、数多ある便利な動画配信サイトで(ちなみに字幕は中国語であった/笑)1話から最終回までを一気にざざざーーっとチェック!いやぁ〜疲れた(笑)

とある田舎のうどん屋の娘として、慎ましやかに楽しく暮らしていた榮倉奈々演じる東雲メイ(しののめめい←役者達が非常に言い辛そうな名前であった)が、両親の事故死によって、実は日本有数の大富豪・本郷家の跡取りである事がわかり、「有閑倶楽部」も「花男」も真っ青な超セレブ・お嬢様学校に入学させられるところから物語はスタート。なんとこの学校、生徒一人一人にイケメン執事がつくという決まり。で、メイの執事・柴田理人役が今をときめく(…らしい)水嶋ヒロなわけだ。で、この理人の弟で、メイを好きな剣人役を佐藤健。またメイと跡取り争いをする本郷家の養女・詩織が山田優。(ぶっちゃけ、山田優の制服姿は年齢的にどうなの、と疑問でしたが)そして彼女の執事・忍(向井理)。彼ら・彼女らの「好き」ベクトルの絡み合いがベースで、プラス、個性的かつ意地悪なクラスメイト達と徐々に打ち解け、最後は「友情」が芽生えちゃうというパターンの学園コメディ。

まぁ…原作が少女漫画のようですから、まんま動く少女漫画といったところ。そういう世界観で割り切って見れば面白いのかもしれない。ただ、今回は私自身も何せ一気に見たので、物語的にはメイが学校を辞めるだの戻るだののくりかえしという印象が強くて予想以上の捻りや仕掛けは殆ど感じられなかった。メイに唯一敵対していなかった寮の隣人・多美が、実は…という後半の展開も、その多美役を「谷村美月」がわざわざ演じているあたりで、何かあるなぁと察することができてしまったし…(苦笑)

一応、全部見たので、私なりの評価というか、感想。強いて言うなら
「私は20代のイケメン執事より、ロマンスグレーのおじさま執事がいい。じゃなけりゃ、10代の小姓のほうがむしろ…(以下自主規制)」
結局、ドラマは人の好み次第…ということ?(むさし)

メイちゃんの執事


ブログパーツ
posted by むさし at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | その他’09冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

携帯で無料&簡単に画像が読み放題です!
会員登録もありません!
FAIRYTAIL?エアギア?あねどきっの人気マンガ作品も充実!!
一度遊びに来て下さい!!
詳細はこちらになります▽

メイちゃんの執事
http://comic.fansfree.com/margaret/meityan/

銀魂 画像
http://comic.fansfree.com/jump/gintama/

君に届け 画像
http://comic.fansfree.com/margaret/kiminitodoke/

ファイブ 画像
http://comic.fansfree.com/margaret/five/
Posted by メイちゃんの執事 at 2010年04月12日 16:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116126150
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック