2009年11月06日

「小公女セイラ」第3話

トマト…トマトだよ。
「私が間違っていました。認めます。私はなんの価値もない人間です。」と、ひざまずき、項垂れるセイラ(志田未来)に、武田真里亜(小島藤子)が高笑いしてトマトを投げつける。「皆さんも、どうぞ!」と真里亜から強要されたクラスメイト達も戸惑いながらも逆らえずに次々にトマトをセイラにぶつける。いやいやいや…今時、こんな古典的な「いじめ」も無いだろうと思いつつ、しかしながらこれがビジュアル的には結構なインパクト!そんな事を思いつく真里亜、ある意味凄すぎて怖い。
要するに転入してきたセイラが超セレブな扱いを受けていたのは、彼女の父親の財力が故であったと知った真里亜のセイラに対する筋違いな腹いせである。その財力という後ろ盾を失ったセイラには何の価値もない、と言う事を認めさせる為に取った手段が、まさみ(岡本杏里)やカイト(林遣都)といった辛い状況の中でもセイラの心を支えていた友人達を姑息な手段で引き剥がし孤立させると言う事。芯は強くても気持ちが素直な分、セイラはその作戦にまんまと嵌りショックを受けてしまった訳だ。わからんではないけどね…でも、先週は学院長(樋口可南子)の前で、あんなに誇り高く振舞っていた所を誉めたばっかりなんだから、もうちょっと粘って欲しかったなぁ(苦笑)

今週も最後の最後で、セイラを庇ったカイトはちょっと美味しい役まわりだった。でもそこで庇うなら最初から真里亜なんかの作戦に惑わされなきゃいいのにさ、とは個人的ツッコミ。
美味しいと言えば、忽那汐里演じる水島しをり。ポッキーのCMの時とは全くイメージの違う超クールな性格で、真里亜のやることなすことに心底呆れた様子で「…そこまでやるかね。」と低く呟く彼女は格好よさすら感じるほど。だからと言ってセイラの味方というスタンスでもないあたりもまたなんとも興味深く今後の動向がきになるところ。(むさし)

公式サイト

ブログパーツ
posted by むさし at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小公女セイラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

「0号室の客」第2話

「人間の得点」が出てしまった第2話。

予想外の低得点に、エアシューターが壊れている!とフロントに難癖をつけ始める大野くん。
一方、予想以上の高得点に、上から目線で大野くんを見始める田中美保(笑)。

逆上した大野くんが持ち出したのが、なんとナイフ…!
というところでタイムアップ!!!

くそぅ!
続きが知りたくて堪らん。。。

…いつの間にか、すっかり15分間の虜になってしまった(笑)。
(鹿の使番)

ブログパーツ
ラベル:大野智 田中美保
posted by 鹿の使番 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 0号室の客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

「0号室の客」第1話

洋館風ホテル「HOTEL・POINT」の0号室は、人間に点数をつけることができるエアシューターがある。
それを知って、さまざまな事情を抱えた人間たちが訪れる。

ある日、0号室を訪れたサラリーマンとキャバクラ嬢のカップル。
彼らが繰り出す悲喜劇が…という設定だ。

15分という短い尺ながら、出演は大野智をはじめとしたなかなか面白いメンバー。
ホテルの支配人・横山裕の淡々とした表情がまたいい味を出している。
スペシャルゲストとして、妙にオチをつけたがる城島茂が登場したのも面白かった。

とにかく、大野くんの表情がいい!!
エリートサラリーマン風を装い、実は腹黒さ満載という設定が堪らない(笑)。
(鹿の使番)

ブログパーツ
posted by 鹿の使番 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 0号室の客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

「サムライ・ハイスクール」第2話

三浦春馬と岸谷五朗の父子会話が微笑ましかった第2回。

「愚かな…!」と言いながら、戦国版・望月小太郎がノートの表紙に書かれていた「大阪」の文字を「大坂」に訂正したのが、個人的にツボだった(笑)。

それにしても、春馬くんを見ているとあれほど目張りがサマになる俳優もいないと思う!
まさに三浦春馬は次世代を背負うイケメン俳優だと感じている(笑)。
近未来で大河の主役に抜擢されるのではないか…と密かに期待して止まない。(鹿の使番)

ブログパーツ
posted by 鹿の使番 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サムライ・ハイスクール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「不毛地帯」第2・3話

「官僚たちの夏」や「沈まぬ太陽」など社会派ドラマが非常に注目されているが、このドラマも面白くなっていきそうだ。
第1話は序章という感じで捉えたが、2話からは会社、そして家庭にも言及している。

何より役者陣の演技が見ごたえあり。
中でも松重豊・阿部サダヲ・遠藤憲一らの怪演が目立っていて、単に壹岐正(唐沢寿明)という1人の男を描いているだけではなく、あくまでもドラマとしてのエンターテイメント性も感じられる。
あまりにテンポが速くなって、”テンポの速さだけが売り”のようなドラマになり、内容が軽くならないことだけが心配だ。
(緋炎)
ブログパーツ
posted by 緋炎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不毛地帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

「JIN−仁−」第3話

ついに南方先生もコレラに罹ってしまった…。

しかし一方で、病床に臥す中、先週とは打って変わって悟りも開いた南方。
歴史は思っている以上に強大で、ちっぽけな1人の人間が歴史を変えてしまうなんて考えは非常におこがましいことかもしれないと、前向きな姿勢に変化するのだ。

しかし、それでもやはり1人の人間が動くことで、歴史が変わる可能性もあるように思う。
幕末当時では有り得ない医学の知識を広めるという物理的なこと以上に、南方の真摯な生き様が坂本龍馬や緒方洪庵に与えた影響の方が、歴史を動かす原動力になり、やがては“我々が知っている歴史”をも変えてしまうことになる、かもしれない。(鹿の使番)

ブログパーツ
posted by 鹿の使番 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | JIN-仁- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「オトメン 秋」第2話

1時間枠になってから見ていなかったが、久しぶりに見たので感想を。
ギャグが多くなり、そのあたりは見ているのが少々辛い…。
(「ヘアスプレー」など、映画やドラマのパロディがあるのはそこそこ楽しめるが)
正直なところ、30分でまとめていたのが丁度良かったのではないだろうか。

今話は、萌松音羽(市川由衣)という”女はこうであるべき”という男の理想を具現化した教育実習生がやってくるという話。
ギャグに疲れながらも最後まで見たところ、意外にも、女と男それぞれのステレオタイプのイメージや、ジェンダーについて考えさせられた。
スカート男子や草食系男子などが増える現在の社会において、ジェンダーとはどう受け入れられていくのだろうか。
(緋炎)
ブログパーツ
posted by 緋炎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オトメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする